M&Aと事業譲渡、会社分割

中小企業のM&Aでは、株式譲渡という法的手続きがとられるのが一般的です。

しかし、会社が行う複数の事業のうち一部分のみを売却するなどの場合には、事業譲渡や会社分割といった手法がとらえることがあります。

 

これらの手続は、会社の一部のみを売却することで会社の再生を図る.事業再生の手法として用いられることが多いです。

 

事業譲渡と会社分割は、会社の一部のみを譲渡するという点で、共通していますがそれぞれにメリットデメリットがあります。

 

例えば、事業譲渡では、簿外債務の承継をカットしたり、人員の再構成を行いやすいといったメリットがあります。その一方で、工場設備の譲渡など高額な資産の譲渡を伴うような場合には多額の消費税その他税金がかかる場合があるというデメリットがあります。

 

他方、会社分割の手法には、許認可の承継が認められる場合が多いといったメリットもある一方で、法定の債権者保護手続を省略できない場合が多く、M&Aの完了までに一定の期間を要することになるなどのデメリットがあります。

 

会社の一部を譲渡するにあたって、事業譲渡が適しているのか、会社分割のほうが適しているのか、あるいはそれ以外の手法を検討する必要があるのかについてはご相談者様の事情によって異なります。

会社や事業の一部譲渡を検討なさっている皆様はぜひ一度事務所にご相談にいらしてください。

事業承継・M&Aの無料相談なら ソレイユ総合法律事務所

TEL.022-398-9026