事業承継をしたいと思ったらでは遅い?-ご挨拶-

はじめまして。弁護士の木坂尚文です。

私は、2012年3月、宮城県事業引継ぎ支援センターの統括責任者に選任されて以来、5年以上にわたり、この東北の地で、中小企業のM&A、事業承継の問題に集中して取り組んでまいりました。

事業承継といえば、税理士に相談すべき問題。そうお考えの皆様も少なくないでしょう。

もちろん、事業承継を円滑に行うには、税務についても適切に対応すべきことはいうまでもありません。

しかし、事業承継において税金対策はあくまでその一部であり、中小企業の事業承継において肝となるのは、長年のお取引先様からの信用、内部で培われたコツ、工夫といった、目に見えない「知的資産」をいかに引き継ぐかです。

このような知的資産の円滑に承継するため、私は、事業引継ぎ支援センター統括責任者として、長期にわたり、弁護士としての立場を超えて、中小企業のM&A、事業承継をトータルに支援させていただきました。

センター責任者として、ご相談に対応させていただいた件数は優に200先を超えます。

弁護士としての専門性をもちつつも、これまでの経験を活かし、

トータルに事業承継、M&Aを支援させていただきたいと考えております。

事業承継・M&Aの無料相談なら ソレイユ総合法律事務所

TEL.022-398-9026